審査のために気をつけたいこと

借金の申込みをするとまず審査が行われます。審査に通過しなければお金を借りることはできません。この審査で不利になってしまうと言われる条件などを紹介します。


 

借金を返してもらえるかを判断する審査

消費者金融会社は、原則として無担保、保証人不要で借金を申し込むことができます。この手軽さが人気ですが、この場合は返済が滞ってしまったときのリスクが大きくあります。>>>審査が早い順ランキング
そこで過去のお金の返済を行なってきたかなどを各会社が定めた独自の基準で利用者をチェックするのが審査となります。


 

お金にだらしないと借りられないことも?

まずは、まだ返済を終えていない他社への借入の有無と、あればその金額です。現在、法律が改正され、貸金業法では他社を含めた借金は年収の3分の1までと定められたので、既に年収の3分の1まで借りてしまっていたら借りることはできません。次に収入や過去のクレジットカードや借金の返済の履歴だと言われています。過去に踏み倒してしまったり、ここ数年で余りに何度も返済の遅延があったりする場合は審査に通らないケースもあるようです。また非正規雇用の人でも借りることはできても、余りに職歴が短い、いろんな仕事をとても短い時間で転々としていると安定した収入がないと判断されてしまうことがあるようです。