実質年率を知ろう

借金をするときには少しでもお得に利用したいと思うものです。返済の仕方で利息の負担額が変わる可能性のあることを知っていますか?


利息の種類を知ろう

借金をするときに実質年率という単語を目にしたことがあるかと思います。実質年率の意味が大きな意味を持っています。
まず知っておきたいこととして、利息には3種類の利息が存在しています。一日ごとにかかる日歩、月ごとにかかる月利、一年ごとにかかる年利の3つです。>>>利息の安い順ランキング
これらは基本的に借り入れ額×金利×借入れ期間で計算します。ただし、消費者金融の多くは残債方式という、残っている元本に対して利息をかけるという方式を取り入れています。そのため、計算はまだ返済していない借入額(残金)×金利×借入れ期間として計算します。


短期間で返すとお得になるかも

つまり、借入期間が長引けば長引くほど、まだ残っている返済額に対して金利がかけられてしまうことになります。借金をしたときは借りた金額を月々、なるべく早く短い期間で返済することがお得に使う一つの目安となります。一括で返済する場合はこれだけではありませんので、一度借りた会社に問い合わせるようにしましょう。