基礎知識~借金の種類~

CMや街頭広告やビル看板などで、色んな金融商品(キャッシングやローンなど)を見かけますよね。
でもどんな違いがあって、自分にはどれが良いのか区別がつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方のために、まず代表的な4種類の金融商品の違いや特徴をご説明します。


・クレジットカード

最近ではクレジットカードでも現金を借りることは出来ます。その際の名称は同じく「キャッシング」ですが、消費者金融会社が取り扱っている「キャッシング」との違いは、あくまで「お買い物の代金の建て替え」が専門で、「現金を貸す」ことがメインではないということです。>>>レイクの口コミ
ただ、キャッシングにも力を入れているクレジットカードもあります。


・キャッシング

クレジットカードと違い、「現金を貸す」ということがメインになっているものです。クレジットカードとは違い、カードでお買い物の代金を立て替えるということは行っていません。
キャッシングを取り扱っている主な消費者金融会社のほとんどは、審査が比較的緩いとされています。それはキャッシングでは5~50万位内の少額融資をメインとしていたところから来ています。ただし今では高額融資にも対応しています。


・カードローン

キャッシングと同じく「現金を貸す」ことが主です。キャッシングとの違いは、「ローン」という名の通り、「長期返済プランを組む高額融資」が主だったということです。なので、住宅ローンなど高額融資の取り扱いに慣れている銀行と提携している会社が多いです。ですが今では小口融資も扱っています。キャッシングとの明確な違いは年々なくなってきています。


・おまとめローン(借り換えローン)

キャッシング会社、カードローン会社、または銀行でも取り扱いがある金融商品です。複数の金融会社で借りたお金を、一つのところでまとめて借り直し、金利を下げ、返済しやすくするものです。


次の「どれを選べばいいか」では、利用目的に合致するものはどれかを解説します。