借金をしても個人情報は流出しません

審査や借金の申込みのときに身分証や収入証明書を提出することがあります。この情報が他の会社にも漏れてしまうのではないか?というように不安になるかもしれません。利用者の個人情報は貸金業者がちゃんと個人情報保護法によって守られています。そのためひとつの会社で借金をすることで、全く関係のない別の会社に自分の借金をするための個人情報が出回る、ということはありません。>>>お金のSOS出すなら
また、借金の際に過去の返済実績や借入のりれきなどを確認することはありますが、これは会社が内閣総理大臣の指定する信用情報機関という、過去の経歴を管理、個人情報保護法に則って公開する必要がある場合のみに公開する会社が専門的に管理しています。この信用情報機関も、利用者の個人情報に関しては審査や契約が利用者の同意の上で進まない限りは会社に公開しません。誰でもこの情報にアクセスできるわけでは決してないので、勝手に情報を見られるという心配もありません。審査や契約に進む際には、この信用情報開示に承諾する必要はありますが、それを他社までが閲覧する恐れはないのです。