返済はできるときは繰り上げ返済をしよう

繰り上げ返済とは、毎月定額の返済に追加して返済を行うことです。消費者金融のほとんどの会社が最初に借りた金額ではなく残っている金額(利息を省いた返済する残金)に対して利息を計算しています。そのため、その残額が少なければ少ないほど利息が安くなるのです。またまとまった金額を借りて、更にまとまった額で繰り上げ返済を行えば、元金も大幅に減るので月々の返済の金額負担を減らして予定していた期間で支払う、返済金額は減らさない代わりに期間を短縮するなど、選択肢も増えてきます。>>>審査通過のポイント
まとめた金額でなくとも、余裕のある月に早めに返済をしてしまえば、返済の負担は少しずつですが軽くなります。ボーナス月や臨時収入などで返済に余裕が出た月は繰り上げ返済(追加返済)を行うことをおすすめします。また追加返済だけではなく、残りの借金の一括返済など、その都度返済を行えるのであれば返済はなるべく早くに終わらせてしまうといいでしょう。返済を滞らせると信用情報にも傷がつきますが、早く返済をするのは評価されるべきことです。一括返済を行う場合は、専用窓口を設けている会社もあるので確認するようにしてください。