借金の時効を成立させるためには

借金の時効を成立させるためには、時効が成立する条件を満たしているのかどうかという事を判断しなければなりません。例えば、債務の承認を行った場合には時効が成立しないという事になるのです。債務の承認というのは、返済する意思があるという事を伝えることを指します。何らかの方法で、いずれ返済するというような意思を示せば、それによって債務の承認を行ったということになりますから、これによって時効が成立しなくなるというものなのです。>>>アコムの口コミ
しかしながら、意思を示すというのは証明するのは難しいと考えられるのではないでしょうか。このときには一部を返済してもらうという方法が取られることもあります。例えば、とりあえず1万円だけ返して欲しいというように言われて、1万円だけ返した場合には、その時点で債務の承認が成立したとみなされることになります。この場合には、この時点で時効に必要な期間の計算が止まってしまい、ここから数えなおさなければならない事になるのです。