借金の時効が中断されるとき

借金の時効は5年(個人間の貸し借りの場合は10年)です。
そうすると、時効まで逃げ回っていれば借金を踏み倒せる…と考える人もいるでしょうが、お金を貸した側にはその事項を中断させる方法がいくつかあります。
借金の時効を中断させる方法ですが、大きく分けて3つあります。


1つ目は「返済の請求をすること」

といっても口頭ではダメで、内容証明郵便で請求をしないといけません。この場合、中断の効力は6か月間です。>>>女性にオススメ順ランキング
また、返済をするよう裁判を起こしたり、裁判所に支払督促や和解・調停の申し立てをすると時効の時間は最初から数え直しになります。


2つ目は「差押えをすること」

お金を借りた側の財産について、差押えや仮差押え、仮処分の手続きをすると、時効の時間は最初から数え直しになります。
最も分かりやすい例としては、給料の差押えがあります。


3つ目は「お金を貸した相手に借金がある事を認めさせること」

これには、普通に督促をするほか、お金を分割払いで返すことを約束する書類に署名させることや、「とりあえず1000円だけ返してください」と言って入金してもらう、というケースも含まれます。
この場合も、時効の時間は最初から数え直しになります。