審査の種類

借金をする、と一口で言ってもその種類は相当なものになります。


借金の種類

家を買う、車を買う、などの大きな金額であれば、保証人や担保という万が一支払いができなくなった場合に代わりに差し出す資産を契約のときに準備できないと、審査にすら進むことができません。これは購入する金額が非常に大きいことが最大の理由となっています。>>>女性にオススメ順
また購入する金額も多いので審査には非常に時間がかかりますし、金額の分だけ利息も低く設定されています。一方で、現金を借りる消費者金融などで行われる借金は、貸し出す金額が低いかわりに金利が少し高くなっています。


金融機関での借金

一方で、現金を借りる消費者金融などで行われる借金は、貸し出す金額が低いかわりに金利が少し高くなっています。また借金をするときに担保や保証人を必要としませんし、審査のスピードも早ければ即日、その日のうちに融資まで完了することもあります。支払えなくなってしまったときの対処法も違います。連帯保証人などがいれば、その保証人が払えなくなった本人の代わりに支払いますし、担保があればお金の代わりに資産を渡します。一方、そのような契約を結んでいない場合は、親族や家族が払うのではなく、借金をした会社に連絡をしたり、消費者センターなどに連絡をいれて、返済計画を改めて練り直すこととなります。