借金の利息計算って?

消費者金融会社の多くのホームページの利息にはパーセンテージの数字のそばに実質年率と書いてあることがあります。この実質年率とはどのような意味なのでしょうか?

借入残高×利息が毎月返すお金

借金をして返済を行う場合には分割で返済するケースがほとんどだと思います。もちろん一括の返済はできないわけではありませんが、分割返済のほうが金銭的な負担も少なく便利でもあります。>>>返済方法について
この分割して返済を行う場合の利息の計算方法が実質年率というものを利用したものと言えます。別名では残債方式とも呼ばれており、借金のまだ返済を終えていない残高に対して毎月、利息を計算するのが実質年率のかけ方です。毎月5000円支払っているのであれば、この5000.円の中に計算された利息が含まれていて、利息を引いた金額が返済額ということになります。

なるべく安い金利で返したい

借金をしたらなるべく少ない利息で利用したいと思うのが当然です。ここの考えたいのは利息が借入残高にかかっているということです。つまり、返済額の利息は借入残高が高ければ高いほど、利息も高いと考えられます。消費者金融でお金を借りた際には、なるべく大きな金額で少ない返済回数で返済を行うと利息を安く抑えることができるようです。