お金の貸し借りに時効はあるのか?

時効という制度はとても有名ですね。


借金にも時効はある

よくテレビなどで犯罪を犯した人の写真が出て、時効まであと何日という風に言われています。
時効というのは、成立すると犯罪の場合なら罪に問えなくなります。>>>アコム
犯罪の場合だけでなく、色々なものに時効があるのはご存知でしょうか。
例えば借金にも時効はあるのです。
金銭の貸借契約の時効は5年です。
つまり、5年間経ったら借金を返さなくてよくなるのですね。


条件は複雑

しかし、時効が成立するには条件があります。
ただ黙って無視して5年待てばいいというわけではありません。
債権者だって借金を返してくれないのに黙って待っているわけはなく、催告の手続きをとってくると思います。
時効は催告によって中断します。
督促状などを送ってくるのが一般的ですね。
時効というのは、権利があるのにそれを執行しない場合にのみ適用されるので、取り立てる意思を明確に示すことで時効を中断できます。
そしてそれから六ヶ月以内に訴訟を起こす必要があります。
これにより、借金を返さないと差し押さえなどで強制的に取立てが行われます。
つまり、債権者が何も言ってこなければ5年間放置しておくことで時効が成立しますが、滅多にそんなことは起こらないのですね。