借金が返せなくなったときはまず借りている会社に連絡を

借金をするときにキチンと自分の返済を計画していても、入院などでどうしても返済がとどこおることもないとはいえません。誰にも借金をしていることを秘密にしている人からしたら、もしかしてバレてしまうのでは…?と余計なことまで考えてしまいがちです。もし借金をするときに担保や保証人を立てて借りていた場合は、払えなくなった人の代わりに保証人が支払う、または担保にしていた土地などを売ることで、返済の一部にします。>>>実際に申し込む時は
しかし、借金をするときにこのような保証となる一切を必要としていない借金であれば、それが家族であっても代わりに払うという義務は生じません。返済を続けられない、返済が大幅に遅延してしまうという状況になったら、まずはそのことを借金をしている会社へ伝えましょう。会社が一緒にマネープランを考え直してくれる場合もあります。また消費者センターでも債務の相談を受けてくれる窓口を設けています。会社と消費者センターを上手に使って、返済をお得られるようにしましょう。