借金があっても審査は大丈夫?

現在は借金があるけど、カードローンの審査に受かるの?こんな疑問を持っている方にはぜひともこれを参考にしてほしいと思います。結果から言うとそれはケースバイケースになります。借金があってもカードローンの審査に受かる人もいますし、反対に落ちる人もいます。ではその違いはどこにあるのでしょう。


<年収の三分の一以上の借金がある人は?>

総量規制が導入されてから、年収の三分の一以上の借金がある人は、消費者金融の審査には通らないようになりました。
しかし実際はどうでしょう?実はそれでも消費者金融にも銀行にも審査が通っている人がいます。これはいったいどういう事でしょうか?これだけみると、金融機関は一体何を基準に判断しているのか分からなくなりますよね。


<総量規制には対象外があった>

総量規制には対象外があります。それは三つあります。
一つは、銀行系のカードローンです。この銀行系のカードローンは総量規制の対象外になっているので、これは審査では借金にはカウントされないのです。つまり極端な話をすると、年収が100万円しかない人でも100万円の融資の審査に通ることもあり得るわけです。銀行系カードローンには、信用金庫、信用組合、労働金庫なども含まれます。
二つ目は、おまとめローンです。おまとめローンは複数の貸金業者から借り入れしている人が、一本化するためにとる手法になっています。これをすると、金利を抑えることができるし、返済日を管理しやすくなる点が、債務者にとっては有利になります。
三つ目は、自動車ローン、住宅ローンは元から総量規制の対象外になります。
例えばこの住宅ローンが総量規制に含まれていたらどうでしょうか。住宅の値段は数千万円くらいの値段はしますよね。そうなるとほとんどの人が、ローンを組むことが出来なくなります。


借金をある人でも、このようにカードローンの審査が通る人もいます。それは各金融機関でも変わってくるので、気になる人は仮審査を受けてみてはどうでしょうか。結果もすぐに出ますし、個人情報が洩れる心配もありません。三井住友銀行やプロミスといった金融機関がこのサービスを行っています。