一般的に会社員は通る確率が高い

消費者金融での借金やカードローンの申込で最も審査に通りやすい職業、それはやはり会社員と公務員でしょう。


貸す側の視点で見ると

やはり収入が安定しているというのは、借金やローンを申し込むうえでは大きな強みなのです。これは年収の額ではなく、月々お金が返済できるか、貸す側から見れば、きちんと債権回収できるかが審査の基準になる方からです。>>>プロミス
年収何千万もある自営業者よりも、年間収入が500万円の会社員の方が、審査では明らかに有利です。もちろん他のローンや借金でも同様です。


連帯保証人になってると不利になる?

ただし会社員でも、審査に通りにくい場合もあります。それは、他からすでに借り入れがあったり、クレジットカードなどで支払いが遅れたりしている場合です、このような情報は個人の信用情報機関に登録され、審査の際に参考情報とされますので、気を付けてください。もちろん、過去の一定期間に、債務整理などでいわゆるブラックになっている場合も同じです。それから、他の人の連帯保証人になっている場合、その人に債務があると、保証人にも責任があるため、通りにくくなる場合があります。あと勤務年数や、収入と借金のバランスなどで断られることもありますが、よほど大きな金額でない限り、たとえば消費者金融の50万円上限程度の借金であれば大丈夫です。