お金のSOS出すなら

「S」財布が空っぽだ!「O」親には頼れない!「S」借金のお願いできる友達や先輩もいない!」
お金に困った時の「SOS」とは、上記の3つの状態が揃った時だと思います。
誰も頼れる人がいなかったら、「王手」をかけられた気分になってしまいますよね。
追い詰められる前に、ぜひ一度キャッシングを利用することも検討してみてほしいのです。


<1>キャッシングとカードローンって違うの?

実は「キャッシング」という単語の定義は、各金融会社によって微妙な差異があるのです。なので、単純にここが違うということはできないのですが特徴をあげていくと以下のようになります。

・キャッシング
少額融資が主。1回に借りられる金額が小さい分、審査が割合通りやすいと言われている。
一括返済と分割返済の2種類の返済方法が選べる。
⇒借りたい金額が5万円前後ぐらいの人向け
・カードローン
高額融資にも対応。限度額内なら何度でも繰り返し借りることができる。>>>借金返済のための簡単審査ローン研究会
比較的しっかり審査を行うと言われている。返済はリボ払いが主。
⇒借りたい金額が10万以上or借金の一本化をしたい人向け


<2>キャッシング会社の種類

①消費者金融系
メリット:審査が緩め。審査結果が判明するのが早い。1時間以内で結果が出るところも多数。
デメリット:金利が高め。
代表例はアコムや、アイフルです。
②銀行系
メリット:実質年率が圧倒的に安い。借りられる金額が比較的高い。
デメリット:審査が厳しめ。結果が出るまでに時間がかかる。
代表例はプロミスやレイクです。
③信販会社系
クレジットカード会社が、「現金を貸す」という部分だけに特化させて作った会社なので、安心感や安定感が強いのが特徴。①と②の中間的存在。①より金利は安く②よりは審査が緩い。


<3>SOSの内容を明確にしよう

何に使うのか。いくら足りないのか。いつまでに必要なのか。毎月いくらぐらいずつなら返せそうか。この4点を明確にして、上記の<1>と<2>に照らし合わせてみてください。
焦るあまり危ないところから借り入れたりすることのないようにしてくださいね。

>>>次ページ「審査の基本」